やなせたかしの店 アンパンマンショップに行ってきた!四谷三丁目から歩いてすぐ

アンパンマンが好きな子供に人気の施設といえば、テーマパーク型の「アンパンマンこどもミュージアム」。

劇場や体験型のアトラクションを楽しんだり公式グッズを購入できるとあって、平日でも多くの人々が訪れ賑わいを見せていますが、全国に横浜・名古屋・仙台・神戸・福岡の5箇所しかないため混み合っていることが多く、気軽に訪れてみるというわけにはなかなかいきません。

今回ご紹介する「アンパンマンショップ」は、アンパンマンの作者であるやなせたかし氏がつくったお店。

アンパンマンショップの店頭に置いてあるアンパンマンのマスコット像

店頭にはアンパンマンが

アンパンマンのグッズを一部取り扱っているお店は全国にたくさんありますが、こどもミュージアム内のショップを除くと、公式の直営グッズショップはここ一軒のみというレアなお店で、新宿から電車で4分とアクセスしやすい立地にも関わらず、周囲には目立った商業施設がないため比較的空いており、アンパンマン公式グッズを手軽に購入できる穴場的なスポットといえます。

スポンサーリンク

アクセス方法、地図

アンパンマンショップは東京地下鉄丸ノ内線の駅「四谷三丁目」の2番出口から、徒歩3分とアクセスの良い立地にあります。

東京地下鉄丸ノ内線の駅「四谷三丁目」のホーム

丸ノ内線で四谷三丁目へGO

2番出口はエレベーターが設置されているのでベビーカーでも上に上がりやすく、出たあとは四谷三丁目の交差点を北側に向けてフラットな道(外苑東通り)を歩いていくだけでOK。

信号を渡ることなくお店にたどり着くことができます。

やなせたかしのお店アンパンマンショップの店舗外観イメージ 四谷三丁目側

左手にアンパンマンショップが登場

また、都営新宿線の駅「曙橋(あけぼのばし)」A1出口からも、徒歩約7分で行くことが可能。

都営新宿線の駅「曙橋(あけぼのばし)」のA3出口

エレベーターを使用するならA3出口

A1出口を出てすぐ左側にある道を5分ほど南下していくと外苑東通りに出るので、あとはそのまま道なりに歩いて行けばアンパンマンショップが右手に現れます。

やなせたかしのお店アンパンマンショップの外観イメージ 曙橋側

アンパンマンの後ろにあるドアが入口

ただし曙橋駅A1出口の左側にある道は細くて坂道になっているため、ベビーカー押しだと歩きづらいのが難点。

店内の様子、販売グッズ

中に入ると、アンパンマンや食パンマン、カレーパンマン、バイキンマン、ドキンちゃんの像が置いてあり、気分を盛り上げてくれます。

アンパンマンショップの店内に飾ってあるカレーパンマン・食パンマン・アンパンマンの像

楽しそうな雰囲気が満載

店内はそれほど広くはないものの絵本や玩具などのアイテムはもちろん、文房具、衣類、ビデオなどのアンパンマングッズがところ狭しと陳列されていて、中央にはオモチャを試し遊びできるスペースがあるので、大半のチビっ子はそちらの方へと吸い寄せられていくことになります。

アンパンマンショップの店内で玩具の試し遊びができるキッズスペースエリア

中央にあるキッズスペース

中央のキッズスペースにはモニターでアンパンマンの映像が流れているアンパンマンショップの店内

ここまで試し遊びできるのも珍しい

店内のモニターでは常にアンパンマンの映像が放映されているほか、珍しいグッズがあったり、やなせ氏の絵が飾ってあったりと、アンパンマン好きのお子さんだけでなく、プレゼントする側の親御さんや祖父母もワクワクしてしまうようなお店ではありますが、支払い方法は現金のみなので注意が必要です。

アンパンマンショップの店内で販売されている玩具やぬいぐるみ

ぬいぐるみや玩具がずらり

混雑状況

取材スタッフが訪れたのは9月の3連休の午前中。店内には大人が10人ほど、子供は5人ほどいましたが、わりと混み合っているような感じを受けました。

やなせたかしのお店、アンパンマンショップの店内混雑イメージ

子供が夢中になって帰れない親も…

ただし親の視点からすると、混んでいるのに子供をずっと無料スペースで遊ばせておくのは悪い気がしてくるので、あの手この手で帰らせようと奮闘している親御さんもチラホラ。ちょっと待ってみると混雑状況がガラッと変わるかもしれません。

また、近隣スポットの項でも触れますが、お店が混んでいた場合は消防博物館や東京おもちゃ美術館に行ってみるという選択肢もあります。

周辺環境(カフェ・ランチ)

アンパンマンショップの周辺は意外にも「一条流がんこラーメン総本家」や「一心らーめん」などラーメン店の激戦区。 店の向かいの裏路地にはカフェも点在しているほか、四谷三丁目の駅前にある新宿通りに出ればカフェや飲食店に困ることはありません。

近隣スポット

最寄りの四谷三丁目駅の2番出口は、「消防博物館」と直結しているので雨に濡れずに入館することが可能。入館料は無料で、館内には東京消防庁の歴史と活動に関する資料が展示されているほか、消防ヘリや歴代の消防車なども展示してあるため、消防車が大好きな子供にはこちらもオススメ。

また、世界各地のおもちゃやゲームを集めた「東京おもちゃ美術館」 も四谷三丁目駅から徒歩7分ほどで行けるので、子供連れでアンパンマンショップが混み合っていた場合は、これらの施設を先に訪れてみるのもよいでしょう。

消防博物館に行ってきた!館内の見どころやアクセス方法などを紹介

Q&A・注意点

ーー支払い方法にクレジットカードや電子マネーは使える?
現金払いのみです(2020年1月時点)。

ーー入場や玩具の試し遊びは無料なの?
無料です。

ーー大人だけでも入れる?
もちろん入店できます。お孫さんや知人のお子さんへのプレゼント探しと思しき人も多く見られました。

ーーベビーカーで行っても大丈夫?
店内は狭いのでベビーカーを押したまま中に入るのは難しいと思います。取材スタッフが訪れた時は、入口横にある自動販売機の脇にちょっとした空きスペースがあり、ベビーカーはそこに畳んで置いてから入店している人が何人か見られました。

ーー駐車場はありますか?
店の目の前に有料のパーキングチケットがあるほか、近隣にもコインパーキングがいくつかあります。

営業時間、定休日、所在地

■営業時間
12時~18時

■定休日
月曜日(祝日の場合は翌火曜日)

■所在地
〒160-0006
東京都新宿区舟町7 ロクサンビル1F
TEL 03-3226-8180

■最寄駅・近隣駅
東京メトロ丸ノ内線 四谷三丁目駅 2番出口 徒歩3分
都営新宿線 曙橋駅 A1出口 徒歩7分

タイトルとURLをコピーしました